利用規約

利用規約
本OJTAラーニング利用規約(以下「本規約」といいます。)は、公益社団法人大阪府柔道整復師会(以下「本会」といいます。)がインターネットを通じて提供しているOJTAラーニング内のサービスならびにその他のインターネットを通じて提供しているサービス(以下、総称して「OJTAラーニングのサービス」といいます。)をご利用になる方(以下「利用者」といいます。)に対して、柔道整復術及び柔道整復師関連情報を提供するに際し必要な事項を定めるものです。

第1条(OJTAラーニングのサービス)
本会は、利用者に対し、インターネットのウエッブサイト上または柔道整復術、柔道整復師関係、学会その他関係団体の情報等を提供し、その他これに付帯するサービスを提供します。また、すべてのサービスは日本国内での提供とします。

第2条(会員登録)
1.会員とは、本規約、及び、注意事項等(以下、総称して「附属規定」といいます。)を承諾の上、本会に対し、本会所定の手続で会員登録を し、本会が会員として承諾する旨の通知をなした者とします。
2.会員は会員識別用の固有の文字列(以下「ID」といいます。)を持ち、一人1IDのみ取得できるものとし、重複登録はできません。
3.会員は会員登録申込時に電子メールアドレスの登録を行い、複数の会員が同じ電子メールアドレスを登録することはできないものとします

第3条(届け出)
会員は、本会に対する届け出事項が変更となった場合には、速やかに本会宛に変更の届けをなすものとします。

第4条(ID、パスワード)
1.会員登録を申し込む者は、会員登録時に自己の裁量で「ID」及びID照合用の文字列(以下「パスワード」といいます。)を指定することができます。ただし、当該ID及びパスワードが既に使用されている等の場 合は、本会が別途IDまたはパスワードを指定します。
2.会員は、別段の定めのある場合を除き、OJTAラーニング所定の方法でID及びパスワードを受領することにより、情報の提供その他のサービスの提供を受けることができます。
3.会員は、ID及びパスワードを他人に知られたり利用されたりしないよう、定期的にパスワード等を変更することを含め、善良なる管理者の注意を持って管理するものとします。

第5条(著作権等)
1.会員は、OJTAラーニングのサービスを通じて提供されるいかなる情報も、権利者の許諾を得ることなく、著作権法で定める会員個人の私的使用の範囲外の使用をすることはできません。また、第三者に使用させたり公開させたりすることもできません。
2.前項に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、本会に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第6条(禁止事項)
1.会員は、事由のいかんを問わず、以下に掲げる行為をしてはなりません。
(1)他の利用者、第三者または本会の著作権等の知的所有権を侵害する行為(情報の無断転写及び動画データのダウンロードなど)
(2)他の利用者、第三者または本会の財産、信用、名誉、プライバシーを侵害する行為
(3)OJTAラーニングのサービス用設備の正常な動作を妨げ、またはサービス用設備もしくはデータを破壊、損壊する行為
(4)コンピュータウイルス等有害なコンピュータプログラム等をOJTAラーニングのサービスを通じまたはこれに関連して、配布する行為
(5)選挙期間中であるか否かを問わず、公職選挙法に定める選挙運動またはこれに類似する行為
(6)公序良俗に反する行為
(7)自己のID以外のIDを利用して、OJTAラーニングのサービスを利用する行為
(8)(1)乃至(6)号に相当するデータまたはサイト等へリンクを張る行為
2.会員は、本会の事前の同意なくして、OJTAラーニングまたはOJTAラーニングが提供する情報やOJTAラーニングのサービスを自己または第三者の営利活動もしくはその準備を目的として利用をしてはなりません。

第7条 (退会)
会員は、本会所定の方式により本会に通知することにより、いつでもOJTAラーニングから退会することができます。この場合、会員が、OJTAラーニングの会員として本会に対して負担するすべての債務を履行した時点で、退会の効力が生じるものとします。

第8条(会員資格の取消)
1.会員が、次の各号のいずれかに該当する場合には、本会は、何らの通知催告なく直ちに会員資格を取り消すことができるものとします。
(1)本会へ届け出た会員情報が虚偽であったとき
(2)本規約または附属規定に違反したとき
(3)会員が、正当な理由なく本会またはOJTAラーニングのサービスの利益を害する行為をなしたとき
(4)会員が、OJTAラーニングのサービスを利用するに際し、またはこれに関連して違法もしくは公序良俗に違反する行為をなしたと
(5)会員が、OJTAラーニング以外の本会との契約条項に違反した場合には、本会は、相当期間を定めて催告をし、期間内に当該事由が解消されないときには、会員資格を取り消すことができるものとします

第9条(電子メール配布サービス)
1.本会は、会員に有益有用と思われる情報を、あらかじめ会員が本会に届け出た電子メールアドレス宛に送信す 
るものとし、会員はこれを承諾します。
2.会員は、本会からの電子メールを受信するための環境を整備し保持する努力をするものとします。

第10条(サービス内容等の変更・中断)
1.本会は、会員への事前の通知なくして、OJTAラーニングのサービスの内容の全部または一部の変更、追加をすることができ、また、あらかじめ会員に通知することにより、サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。
2.本会は、サービス用設備の保守・点検もしくは修理のために必要のある場合、天災地変等の非常事態が発生した場合、通信回線の異常の場合、インターネットサービスプロバイダーの役務提供の中断その他ケアネットの責めによらない場合には、あらかじめ会員に通知することなく、OJTAラーニングのサービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。

第11条(通知)
本会からの会員に対する通知は、会員があらかじめ届け出ている電子メールアドレス宛にメールを送信する方法またはウエッブサイト上に表示する方法により行います。

第12条(個人情報の取扱い)
1.本会は、OJTAラーニングのサービスの提供にあたり取得する個人情報を、本条及び別途定めるプライバシーポリシーに従って取扱います。
2.本会は、利用者が会員登録後、会員である旨ならびにOJTAラーニングのサービスを利用した事実について、協賛企業-、卸会社及び本会の関連会社ならびに業務提携先に開示します。ただし、開示は、OJTAラーニングのサービスの提供のため必要となる場合、または、当該サービスと連携するサービスの提供に必要な場合に限るものとします
3.本会は、会員が、OJTAラーニングのサービスにおいて、協賛企業の提供によるコンテンツを視聴、またはその一連のサービスを利用した場合には、その視聴した事実、ならびに視聴・利用した会員の氏名・勤務施設名・診療科目を、コンテンツ提供元である協賛企業に開示する場合があります。

第13条(規約の変更)
1.本会は、本会が適切と判断する方法によって会員に通知することにより、本規約及び附属規定を変更することができるものとします。この場合、通知以降会員がOJTAラーニングのサービスを利用したときには、通知を受けた変更を承認したものとみなすことに、会員は異議ありません。
2.ゲストは、本規約または附属規定の変更後に、OJTAラーニングのサービスのいずれかのコンテンツにアクセスした時点で当該変更に同意したものとみなします。

第14条(免責事項)
1.本会は、OJTAラーニングのサービスとして提供される情報(OJTAラーニングがリンク先のウエッブサイトの情  
報を含む)についてその完全性、正確性等いかなる保証も行いません。また、薬事法関係法令の厳守性ならびに業界団体規則等の順守性等いかなる保証も行いません。
2.OJTAラーニングのサービスが変更、追加、廃止され、またはその提供が一時的に中断され、これによって会員に損害が生じた場合であっても、本会は会員に対し、一切の責任を負いません。

第15条(準拠法、管轄裁判所)
1.本規約及び附属規定に関する準拠法は、日本法とします
2.本会と会員との間で、OJTAラーニングのサービスに関して紛議が生じた場合の第一審の専属管轄裁判所は大阪地方裁判所とします。



ページの先頭へ